カジノ旅行

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

お知らせ Q&A お問い合わせ・アクセス 学校概要 駿河学院を知る スクールライフ 資格・進路 入学を検討されている方へ HOME 学校概要 駿河学院を知る スクールライフ 資格・進路 入学を検討されている方へ お知らせ Q&A お問い合わせ・アクセス 資料請求・見学申込み 駿河学院を知る TOP > 駿河学院を知る 本校の特色 中学校卒業後のもうひとつの進路。 本校の目的は、生徒一人ひとりが自分の将来を「より楽しく、より豊かに」生きるために、人生の進路を「自分で決める力」を身につけてもらうことです。 そのためには、社会へ出てから必要な基礎学力や専門技術・知識、礼儀作法の基本マナーを本校で過ごす3年間でしっかりと身につけ、人間としての質「豊かな心」を高めていく事が大切です。 専修学校高等課程 ・中学校卒業以上の生徒が入学します。・大学を受験する資格があります。 高等学校卒業証書取得 ・科学技術学園高等学校の卒業証書を取得します。・本校独自の多彩な学習教材を活用して基礎学力の向上を目指しています。・高等学校のスクーリングは、連携先の科学技術学園高等学校の先生が実施します。 丁寧な学習指導 ・どこがわからないのかを先生が見つけて、そこから一つひとつ丁寧に教えていきます。 多彩な資格取得 ・実社会で役に立つさまざまな公的資格を取得できます。 ※「高等課程 情報教養科」(中学校卒業者対象)と「専門課程 自動車整備科」(高等学校卒業者対象)を併設しているため「専門学校」の標記を用いています。 本校の教育方針 中学校卒業後のもうひとつの進路。 幅広い分野の資格が取得できます。 学校行事や放課後の活動が充実しています。 学習環境の整備に努めています。 技能連携により、高等学校普通科の卒業証書を取得します。 高等専修学校とは 高等専修学校は、中学卒業者を対象とした、静岡県知事認可の学校です。 高等専修学校は、「職業もしくは実際生活に必要な能力を育成し、または教養の向上を図る」ことを目的に設置された、都道府県知事認可の学校です。高等学校と同じく学校教育法の中で定められた正規の学校なので、本校卒業者には大学入学資格が与えられます。技能連携制度により高等学校の卒業証書も取得できます。高等専修学校の特色としては、学力の向上だけにとどまらない「人間教育の場」として、個性を重視した教育に力を注いでいます。 ※「高等課程 情報教養科」(中学校卒業者対象)と「専門課程 自動車整備科」(高等学校卒業者対象)を併設しているため「専門学校」の標記を用いています。 「高等専修学校」は学校教育法第124条で定められた「学校」です。静岡県知事より認可を受けて運営をしております。 「大学入学資格付与指定校」(文部科学大臣指定)です。 詳しくは下記をご覧ください。 技能連携制度について 技能連携制度により、高等学校の卒業証書を取得できます。 本校へ入学すると同時に技能連携先の科学技術学園高等学校にも入学をします。同時に2つの学校に籍を置き学習することで、本校と高等学校の卒業証書を取得することができます。技能連携制度では2つの学校を卒業するからといって、二重(2校分)の負担はありません。これにより希望の会社に就職したり、大学・短大・専門学校に進学するうえで、可能性が広がります。 「高卒」は皆さんの人生にとって大切な資格です。就職するときに「高卒以上」という条件が多いのが現状です。 進学するにしても高校を卒業していなければ、試験を受けることもできません。今日、日本における「高卒」の資格取得率は9割を超えています。 つまり、世の中で「高卒」という資格を持つことが当たり前となってきているということです。 新しい自分に出会う場所 卒業することがゴールではありません。自分の将来をより豊かに明るくすることが大切と本校では考えています。3年間かけて、人生に活きるキャリアをじっくりと築いていきます。 学校概要 ご挨拶 沿革 自己点検および学校関係者評価 駿河学院を知る 本校の特色 本校の教育方針 高等専修学校とは 技能連携制度について 資格・進路 資格取得 進路指導 主な進路先 入学を検討されている方へ 入学要項・学費サポート 転入・編入について 保護者の皆さまへ 生徒募集専用ダイヤル 054-247-1235 お電話受付時間/平日9:00~17:00 〒420-0834静岡県静岡市葵区音羽町19番22号(代)054-247-9933 お知らせ │ 各種証明書の発行について │ 教職員採用情報  │ よくある質問 │ サイトポリシー │ サイトマップ ©Copyright 駿河学院専門学校 All Right Reserved.

カジノマーチンゲール bonscasino仮想通貨 オンラインカジノ(各種相談の件数や傾向) ベティス対カディス
Copyright ©カジノ旅行 The Paper All rights reserved.